横浜社会福祉協会では、天神ホームなどの特別養護老人ホーム、健康で安心な暮らしをサポートする「地域ケアプラザ」などを運営致しております。

指定障害者支援施設 霧ケ峰療護園 社会福祉法人 横浜社会福祉協会
上諏訪の美しい自然環境の中、やすらぎに満ちた生活があります。
標高1500M〜1900M、霧ヶ峰の自然の中に霧ケ峰療護園が
あります。
周囲をカラマツの美林に囲まれ、四季それぞれの表情が
身近に感じられゆったりのんびり健康的に過ごしています。
サービス案内
生活介護事業
常時、介護者を必要とするご利用者に対し、主として昼間、食事・心身の状態に応じた適切な介護・支援、健康管理、相談及び援助を提供するサービスです。
施設入所支援事業
ご利用者に対し、主として夜間、食事・入浴・心身の状況に応じた適切な介護・支援、健康管理、相談及び援助、社会生活上の便宜の提供等を行うサービスです。
お知らせ
第三者評価を受審しました。

 昨年4月に赴任し、早いもので1年が経過しました。皆様には大変お世話になっております。色々な経験をさせていただいています。
今年度もよろしくお願いします。
 さて、霧ヶ峰療護園は、開設以後28年を経過し、この度初めて第三者評価を受審しました。
ご利用者にとって施設は家庭にかわる大切な生活の場所。だからこそ安心して心穏やかに生活してほしい。そして、勤務する職員にとっても働きやすい場所でなければならない。
長い経過の中で、いつの間にか当たり前のことが狎れあいとなり、バランスが崩れることもあるのだと思います。
 そんな行き詰りを感じる中、この度の第三者評価により、現状の課題をすっきりと示して頂き、今後私たちが目指すべき道筋と方向性に気づかせていただいたと感じております。
ご指摘いただいた点については施設全体で更なる対応を図り、施設を取り巻く全ての皆様から信頼される施設運営に努め、地域への貢献も目指して行きたいと思います。


この度4月1日付霧ヶ峰療護園勤務となりました友野孝徳(とものたかのり)です。
前任は、千曲園で35年間障害者福祉に携わってきました。
 35年ぶりの転勤で、心機一転でありますが、諏訪地域のことは何もわからず、只々毎日が嵐のように過ぎ去り、新しい体験の繰り返しです。
それでも皆様に温かく迎えて頂き、少しホッとしている所です。
 法人の基本理念である『福祉の追及』を実現できるよう、ご利用者の皆様が生き生きとその人らしい生活が送れ、そしてここで働く職員の皆様が安心して働ける職場環境を整え、いつも笑顔の絶えない、活気溢れる施設を目指して行きたいと思います。
 私一人の力は大変小さなものですので、ご利用者の皆様・保護者の皆様・地域の皆様と全ての皆様のご支援とご協力をお願い致します。

2015.9.14 カレー食事会開催
 施設の裏庭ではジャガイモやさつまいも、人参など多くの野菜を栽培しています。収穫された野菜を使って9月14日(水)にカレー食事会が開催されました。利用者と職員合わせて80人分のカレーが作られ、皆さんに振る舞われました。味も良くとても好評でした。
2015.8.30 納涼祭開催
 今年は8月30日(日)に開催されました。当日は朝からの雨のため平成21年以来の施設内での開催となりました。メイン会場の食堂では八剣太鼓の皆さんによる太鼓の演奏に始まり、地元諏訪二葉高校吹奏楽部の息の合った力強い演奏、可愛らしい子供達の新体操やリズム体操の披露、甲州弁シンガー『原田喜照』さんによる迫力あるライブで大いに盛り上がりました。当日は多くのボランティアの皆様や保護者の皆さんにも助けられ、大盛会の内に幕を閉じました。
2015.5.27 野外食事会開催
 春が遅い霧ヶ峰療護園の春一番の行事である、野外食事会が5月27日(水)に開催されました。当日は快晴に恵まれ、利用者の皆さんの前で肉を焼き、太陽の下での会食となりました。野外で食べる食事は普段の食事と雰囲気も違い、別格の様でした。
法人腰痛防止コンテストにて最優秀賞受賞
法人第1回腰痛予防コンテストにおいて霧ヶ峰療護園が最優秀賞を受賞しました。当園からは「楽腰隊」と「歩行改善検討会」の2グループがエントリーをしました。12月19日(木)に当法人の小林進理事長より賞状と金一封が授与されました。
2013.12.08 忘年会開催
冬のイベント「忘年会」が12月8日(日)に食堂ホールで開催されました。当日は多くの来賓の皆様をはじめ、保護者やボランティアの皆様が来園して頂きました。
ステージでは利用者の皆さんと職員の出し物やクイズ、一生懸命練習をしたという職員コーラスが披露され大いに盛り上がりました。地元新聞社も取材に来園するなど盛況の内に幕を閉じました。
2013.08.04 納涼祭開催
 当施設の一大イベント夏祭り“納涼祭”が8/4の開催に向け只今準備をしております。今年は、色々な音楽を楽しもうと『響き合う夏』とテーマを掲げ、さまざまな団体にお越しいただく予定で企画しております。
時間は11:00〜14:00です。焼きそば、たこ焼き、フランクフルトなど、そして飲み物にアイスクリームと用意しておりますので、大自然の中で行われる祭りに是非お出かけください。
2013.07.10 喫茶コーナー開催
 昨年より奇数月に喫茶コーナーを開設し、利用者の皆さんに少しでも香りと味わいを楽しんでいただくようコーヒーと紅茶の提供をさせていただきました。有料ではありますが、コーヒー豆をミルで挽き、ゆっくり時間をかけていれたコーヒーとハーブ専門店より仕入れた紅茶を、ジャズ音楽が流れる臨時喫茶室にてゆっくりとしたひと時を過ごしてもらいました。
2013.07.03 バスハイク2班
 バスハイク2班として、利用者5名にて松本市にありますイオンモール南松本店に出かけました。松本までのドライブも楽しみながら、想い想いのものを店内くまなく移動し買い物をしてきました。店内では昼食も摂り、ショッピングを楽しんだ一日となりました。
2013.06.08 蓼の海釣り大会
 当施設の近くにある湖“蓼の海”。この湖で鱒の放流に合わせて開催された釣り大会に、諏訪疑似餌釣協会様のご好意により招待していただき、参加してまいりました。利用者8名にて山の中の静かな湖に出向き、ルアーによる釣りを教えてもらいながら釣りを楽しませていただきました。ただ、残念なのは1匹も釣れなかったことです。
2013.06.06 バスハイク1班
 本年も6班に分かれバスハイクを企画しました。第1班は、地元諏訪市にあります諏訪湖イチゴ園と諏訪湖ガラスの里を訪れ、ご家族とともにイチゴ狩りと買い物そして食事をし、ひと時を過ごしていただきました。
2013.06.05 避難訓練、救急法講習
 年3回の防災訓練の内、“火災を想定した避難訓練”として1回目の訓練を実施しました。本番さながらに、職員も利用者も真剣に取り組み無事避難しました。また、終了後は職員の施設内研修を兼ねて、諏訪消防署の消防士さんをお迎えし、心肺蘇生術などの救急法の講習を行いました。
2013.05.29 野外食事会
 寒く長い冬から春を迎え、外で暖かな日差しをあびて食事を楽しみました。春のお野菜料理に豚汁、そして利用者の目の前で天婦羅を揚げ、そのまま揚げ立ての天婦羅を食べていただきました。
2013.05.25 諏訪地区障害者スポーツ大会
 茅野市運動公園にて諏訪地区障害者スポーツ大会に、当施設より5名の利用者の皆さんが参加してまいりました。5名共『フライングディスク』の競技に参加し、それぞれ力いっぱい取り組み好成績を収めました。
2013.05.22 施設対抗親善オセロ大会
 本年も、県内の身体障害者施設7施設による親善オセロ大会が開催されました。今年は当施設が主催し、諏訪市社会福祉協議会の会場をお借りし開催しました。各施設総勢35名の利用者の皆さんの真剣緊迫した対戦が続きましたが、当施設におきましては団体戦4位の成績でありました。
事業者情報
指定事業所コード 長野県 2010600027号
指定年月日 平成19年6月1日
施設長名 友 野 孝 徳
定員 50名
電話番号 0266-53-8240
FAX番号 0266-53-8243
電子メール kirigamine@yoko-fukushi.or.jp
お問合せ窓口担当者 生活支援員(篠原、野沢、木村)
サービス種類・定員 生活介護 50名 ・ 施設入所支援 50名 ・ 短期入所事業 4名
主な構造・建物面積 鉄筋コンクリート造り平屋建て 1943.38平米
居室数(内訳) 居室数23室/内訳:二人部屋17室、四人部屋6室
苦情解決責任者 友 野 孝 徳
苦情受付担当者 篠原 郁夫
第三者委員 小沢 清一、山崎 卓(諏訪市児童・民生委員)
   渡辺 亮一、窪田 治平(霧ヶ峰療護園保護者会長・副会長)  
職員体制
職員数 常勤 非常勤(常勤換算) 合計(常勤換算)
医師   1人(嘱託) 0.1人(嘱託) 1人  0.1人
看護師 2人 1人 0.5   3人  2.5人 
生活支援員 3人      3人  3人 
介護員 22人       22人   
管理栄養士 1人     1人 1人
理学療法士   1人(派遣) 0.1人(派遣) 1人(派遣) 0.1人 
合計 28人  3人  0.7人 31人 28.7人
マイナビ
〒392-0008 長野県諏訪市大字上諏訪字角間沢東13338-122
TEL:0266-53-8240 FAX:0266-53-8243

2013 © yokohamashakaifukushikyoukai All Rights Reserved.